松本潤さん主演のNHK大河ドラマ62 『どうする家康』が1月8日から放送開始ですね。その徳川家累々の御位牌を安置している日光市は如来寺の祈念御朱印2023年版を年明けから頒布、今回通年の書置き御朱印絵を描かせていただきました。

家康と家光「春」(サイト用に解像度は落としてあります)

【制作意図】
泰平な世を作る過程で夢見たことのひとつに、美しいものを美しいと素直に眺められるような世界があったら良いと考え、桜は命、提灯は人々の気配、蓮は天国(極楽)の隠喩として描きいれました。

歴史で知る程度ですが、明日生きるか死ぬかという生活をしていた徳川家康や戦国時代の方達にとって、私が描く世界風景はとても陳腐に見えるのだろうし、想像もしなかったのではないかと思います。

刺されて死ぬより病で死にたいくらいに考え、それが平和と考えていたかもしれません。ですが、途絶えず生き抜いた人や、その切なる思いが連なって今の私達が住む世の中になりました。私が描いた絵は、むしろ、こんな風になりましたという彼等への返事のように捉えています。
ウクライナやロシア、ミャンマーその他紛争が続く今の世の中は、戦国の世と一緒なのかもしれません。だからこそ、ユートピアをイメージし続けて、発信していくことが重要だと思います。

各種メディアにも取り上げていただいています
2023年1月17日news

NHKにて 徳川家康公祈念御朱印について放送がありました

御朱印絵、御朱印帳の表紙絵ともに描かせていただきました。気に入っていただけると幸いです

御朱印用の絵画、心を込めて描かせていただいてます。絵画に御朱印が入ると背筋が伸びます。

umi.制作中風景
【今市小学校150周年記念式典】記念御朱印絵 制作風景
御朱印帳の絵も描かせていただきました
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 御朱印_00001.png
如来寺様御朱印帳と御朱印

【はじめての御朱印帳】

御朱印帳は、お寺や神社にお参りにった際に、その証明としていただく御朱印を頂いておくための帳面のことです。御朱印はとても有難い物なので、御朱印が欲しい場合は、「ご朱印帳」を準備した方が良いかもしれませんね。

御朱印帳の種類は様々で、選んでいるとキリがないのですが、御朱印帳自体を集めている方もたくさんいます。限定御朱印はご当地感があってとても嬉しいですよね。御朱印を頂く際に、御朱印帳が被ってしまった時のために、表紙の裏面に名前を書いておくことをお勧め致します。住所等を入れておくのも良いかと。物によっては何年も掛けて集めた御朱印帳が行方知らずになってしまったら悲しくて立ち上がれないですよね。。なので、必ず戻って来られるようにしてあげてください。

今回のは如来寺様の名前が書かれているので、一ページ目をスタートとして如来寺様用にして、神仏を廻る度にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

蛇腹式の御朱印帳であれば両面が使えます。片面だけでも良いし、両面使うでも良いし。墨の裏写りが出ないようにするに困難な場合もありますので、片面は書置き御朱印を、片面は墨の御朱印をとしても良いですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 住所を書くのにおすすめ.png

表紙の裏面に名前を書くのがおすすめです。

ご朱印帳を紹介します

『如来寺の龍』作:umi.

(一般的なサイズのご朱印帳です)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A_単品-1024x576.png
表紙は布張りに銀箔押しの豪華な仕様となっております。原画は如来寺様で見ることができます。
仕 様

[表紙] 布張りに銀箔押し。

[ サイズ ] 120mm-180mm(表紙)

[ 製本形式 ] ジャバラ製本
[ 紙 ] 和紙

『花雀』作:umi.(B5サイズの大きなご朱印帳になります)

花雀、ご朱印帳
花雀 大きなサイズなので絵画ご朱印を折らずにいただくことができます

仕 様

[ サイズ ]182mm-242mm(表紙)

お寺名入り(如来寺の名前が入っています)

題名入り(御朱印帳の文字が表面に印刷されています)

※御朱印、ご朱印帳ともに期間数量限定となります。ご理解お願い申し上げます

【如来寺様より】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: info1-01.jpeg

「戦国の世を天下泰平に導いた徳川家康公が祀られる東照宮。その日光社参の道中にある如来寺は、徳川の威光を強く受けました。(徳川家初代から12代までの御位牌を安置しております)落ち着かない今の世を、いまいちど和平へと皆様とご祈念したく、徳川家康様の御姿を描いたアート御朱印を1月8日より頒布致します。どうぞお手に取っていただけたら嬉しく存じます」

ご朱印帳はこちらからお迎えできます

なかなか日光まで足を運ぶのが大変、という方のお声もあり、オンラインでもお迎えできるようになりました。

華やかで手にすると気分も上がる御朱印帳です。この機会にご検討ください。


umi.profile
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ご朱印帳001-300x169.png

画家。全国の百貨店やイベントでの展示販売で作品を発表している。 / 母親の影響で美術学科の高校で沖縄の伝統工芸・紅型染めの美しさに感銘を受け、地元の芸術学部で染織専攻を修了。以降、動植物を彩った天国へ向かう魂の解放図の絵画作品や少女の絵を制作。都内での個展や「三人展~石ノ森章太郎 井上直久 umi.~」等の展示会で披露。美術展で絵画の入賞経験を持つが、より自由な作品創りを研究。アクリル画をベースに、工芸の友禅染めやネイルの技術を利用したミックスアートに力を入れている。2017年より、希少難病「表皮水疱症」の支援活動を定期的に行い、病気や友の会の認知度向上のために活動。関連の出版をして現在に至る。徳川将軍家位牌所のある日光市如来寺でライブペイント(龍絵奉納)開催や法要や梵字を取り入れたライブペイント『月染め』を定期的に披露している。乃木坂46岩本蓮加×宝田明 主演映画『世の中にたえて桜のなかりせば』(2022年全国公開予定/東映ビデオ配給)の企画脚本の協力、ミュージカル関連や企業のパッケージ提供など絵画の可能性を探求し続けている。

2022年、映画『世の中にたえて桜のなかりせば』企画脚本協力

2021年11月、如来寺(日光)にて、龍絵奉納の儀

2021年8月、umi.個展『桜の夏』開催

2021年1月、大型商業施設『マロニエプラザ』にて個展開催

その他、全国各地の大型商業施設等にて『石ノ森章太郎、井上直久、umi.』三人展を各地で開催